読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Law Practise 民法ⅠNo.24:時効中断

第1.設問(1)

1.A→Bの請求

(1)Stg:消費貸借契約に基づく貸金返還請求権

(2)Kg:①返還(及び期限)の合意 ②金銭の交付 ③弁済期の到来

2.Bの反論:消滅時効(Kg:①一定期間の経過 ②消滅時効の援用)

(1)Aの再反論:催告(153)➡確定的に中断していない

(2)Aの再反論:Bの一部弁済 →時効利益の放棄

(3)Bは時効援用不可(範囲=甲乙債権 ∵債権の特定なし)

3.A→B請求可

第2.設問(2)

1.A→Dの請求

(1)Stg:消費貸借契約に基づく貸金返還請求権

(2)Kg:①返還(及び期限)の合意 ②金銭の交付 ③弁済期の到来

2.Dの反論:消滅時効(Kg:①一定期間の経過 ②消滅時効の援用)

(1)Aの再反論:催告(153)➡確定的に中断していない

(2)Aの再反論:Dの応訴 =「裁判上の請求」(153)

(3)Dは援用不可

3.A→D請求可

 

Law Practice 民法I 総則・物権編〔第2版〕

Law Practice 民法I 総則・物権編〔第2版〕

  • 作者: 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る