読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Law Practise 民法Ⅱ No.8:種類債務の履行の提供と受領遅滞

1.Xの解除の可否

Kg:①契約の締結

②付随義務違反(受領義務)

③②によって契約目的を達成できないのと同程度の不利益をこうむったこと、または信義則違反

④解除の意思表示

2.XのYに対する代金支払請求

(1)Stg:製作物供給契約に基づく代金支払請求権

(2)Kg:製作物供給契約の締結

(3)Yの反論:履行不能(目的物の滅失)

ア.Xの再反論1:危険負担の債権者主義(代金買主負担)

⇒特定の有無(534Ⅱ、401Ⅱ)→特定なし

イ.Xの再反論2:「債権者の責に帰すべき事由」(536Ⅱ)

⇒受領遅滞(413)→債務者の責任軽減

 

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

  • 作者: 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る