読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Law Practise 民法Ⅱ No.12:他人物売買

1.XのYに対する既払代金請求

(1)Stg:契約解除に基づく現状回復請求

(2)Kg

①売買契約の締結

②①当時、目的物が第三者の所有に属していたこと

③①の後、売主が所有権を取得できなかったこと

④解除の意思表示

⑤代金を支払ったこと

2.XのYに対する561に基づく損害賠償請求

(1)Stg:561に基づく損害賠償請求権

(2)Kg:

①売買契約の締結

②①当時、目的物が第三者の所有に属していたこと

③①の後、売主が所有権を取得できなかったこと

④解除の意思表示

⑤損害の発生及びその額

(3)Yの反論

ア.Yに帰責事由なし(債務不履行説)➡帰責性不要(法定責任説:判例

イ.Xの悪意

3.XのYに対する415に基づく損害賠償請求

(1)Stg債務不履行に基づく損害賠償請求権

(2)Kg

①売買契約の締結

②債務の本旨に従った履行がないこと

③損害の発生及びその額

④②③の因果関係

(3)Yの反論:帰責性の不存在

 

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

  • 作者: 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る