読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Law Practise 民法Ⅱ No.10:解除と原状回復・損害賠償

 第1.AのBに対する請求

1.Aの契約解除(570条、566条1項)

Kg:①特定物を目的物とする売買契約の締結

②通常人の通常の注意では発見できない瑕疵の存在

③解除の意思表示

④②では契約の目的を達成できないこと

2.AのBに対する損害賠償請求

(1)Stg:570条に基づく損害賠償請求権()

(2)Kg

①特定物を目的物とする売買契約の締結

②通常人の通常の注意では発見できない瑕疵の存在

③損害の発生及びその額

3.AのBに対する現状回復請求権

(1)Stg:契約解除に基づく現状回復請求権

(2)Kg

①契約の締結

②金員の交付

③解除事由

④ 解除の意思表示

(3)Bの反論:Bの現状回復請求との同時履行の抗弁(546条、533条)

4.AのBに対する利息請求(545条2項)

(1)Stg:545条2項に基づく利息請求権

(2)Kg

①-④上記

⑤金員の交付から一定期間が経過

(3)Bの反論:

第2.BのAに対する請求

1.BのAに対する現状回復請求権

(1)Stg:契約解除に基づく現状回復請求権

(2)Kg:Bの利用利益請求との同時履行の抗弁(546条、533条)

①契約の締結

②目的物の引渡し

③Aによる契約解除

(3)Aの反論:危険負担(債権者主義・534条)の援用

2.BのAに対する使用利益返還請求

(1)Stg:545条2項に基づく使用利益請求権

(2)Kg

①契約の締結

②目的物の引渡し

③Aによる契約解除

④目的物の交付から一定期間経過

⑤利用利益の価額

 

 

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

Law Practice 民法II 債権編〔第2版〕

  • 作者: 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る